主催公演・イベント

  • 主催公演

2021年03月14日(日)

フジコ・ヘミング&古澤巖
〜奇跡と魂のコンサート〜
指揮:マリオ・コシック 管弦楽:北九州グランフィルハーモニー管弦楽団

奇跡のピアニスト フジコ・ヘミング、
魂の音楽を奏でるヴァイオリニスト 古澤巌、
二大アーティストとフルオーケストラが贈るプレミアムコンサート。
2021年3月14日、加古川は美しい音楽で包まれる!

公演概要

開催日
2021年03月14日(日)
時間
開演15:00(開場14:00)
会場
大ホール
主催
加古川市民会館(指定管理者:株式会社ケイミックスパブリックビジネス)
後援
Kiss FM KOBE
協力
FM COCOLO

チケット情報

チケット発売日
◆市民会館友の会会員先行 1月23日(土)~1月30日(土)

◆一般予約受付      2月6日(土)*2月28日より座席指定でご購入いただけます。

◆座席指定券引換     2月28日(日)〜コンサート当日まで


●本公演は先行、一般いずれも予約のみの受付です。
座席は受付順に割り振ります。

チケット料金
全席指定・税込
  GS席   12,000円
  S席   10,000円
  A席     8,000円
  B席     6,000円
   *未就学児のご入場はご遠慮ください
チケット取り扱い
加古川市民会館 TEL079-424-5381
 *発売初日(先行・一般共に)
  9:00~ オンライン予約、14:00~電話予約 
  翌日9:00~窓口予約

チケットぴあ  Pコード192-029 https://pia.jp/

ローソンチケット Lコード51522 https://l-tike.com/

e+ https://eplus.jp/


お願い
本コンサートはコロナウィルス感染症対策を施した会場で皆さまをお迎えします。
お客様におかれましては、マスクの着用、手指消毒、検温へのご協力をお願いします。
体温が37.5度以上のお客様はご入場いただけません。
体調のすぐれない方のご来場はお控えいただきますようお願い申し上げます。


出演者プロフィール

フジコ・ヘミング

日本人ピアニストの母とロシア系スェーデン人画家/建築家を両親としてベルリンに生まれる。5歳で帰国、母の手ほどきでピアノを始め17歳でデビュー・コンサートを果たす。1999年、ピアニストとしての軌跡を描いたNHKのドキュメント番組が放映され、リサイタルと共に大反響を巻き起こした。デビューCD「奇蹟のカンパネラ」はクラシック界異例の大ヒットを記録した。
年間70本近くの公演活動で多忙を極める中、猫や犬をはじめ動物愛護への関心も深く、長年チャリティー活動も続けている。

古澤巌

ヴェーグ、ミルシテイン、ギトリス、バーンスタイン、チェリビダッケ等に学ぶ。86年葉加瀬太郎と新しいステージ創りを始め現在に至る。年間150公演を行い、2018年より洗足学園音楽大学客員教授として毎年弦楽オーケストラと共演。2020年には新しい6人組「six unlimited」が始動。最新アルバムは「品川カルテット」及び「ベルリンフィル・メンバー」との「Violon d'amour」(HATS)。

マリオ・コシック

スロヴァキア、チェコの音楽界において最も注目を集めている新鋭指揮者のひとり。モラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団との共演で2006年に初来日して成功をおさめ、その後日本には何度も招聘されツアーを行っている。定期的にスロヴァキア国内の指揮台に立ち確固たる地位を確立するほか、ドイツ、オーストリア、イタリアを始め各国のオーケストラやアーティストと数々のコンサートを行い、国際的にも名声の高い指揮者として活躍を続けている。

北九州グランフィルハーモニー管弦楽団

北九州を本拠地とする初の常設プロ・オーケストラ。2018年設立。2010年から毎年開催されている『湧き上がる音楽祭in北九州』の「祝祭管弦楽団」として北九州市と近郊の演奏家が結集した。多数のソリストと協奏曲を共演し、交響曲を中心に管弦楽曲を演奏している。オーケストラとしてのレパートリー拡充と技術・アンサンブルの向上に努め、グランフィルの名に相応しい、充実した演奏活動を目指している。フジコ・ヘミングとは2020年12月初共演。

お問い合わせ

加古川市民会館
〒675-0031 兵庫県加古川市加古川町北在家2000番地 TEL: 079-424-5381 FAX: 079-424-5384

PAGETOP